データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【6月14日広島対埼玉西武戦、BBC独自採点】9回裏広島・菊池の盗塁を評価。先発・戸田は勝利つかずも「6.5」

14日、マツダスタジアムで行われた広島東洋カープ対埼玉西武ライオンズの1回戦は3-2で広島が初のコリジョンルール適用によるサヨナラ勝利をおさめた。

2016/06/15

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



採点基準

8  シーズンに1試合あるかないかの活躍
7.5 突き抜けた活躍
7  勝利貢献度上
6.5 勝利貢献度中
6  勝利貢献度小
5.5 活躍した選手
5  可もなく不可もない
4.5 足を引っ張った
4  敗戦につながるミス
3.5 退場など試合を壊す

さらに現地取材の内容を加味します。

 

菊池、戸田の投手戦

 試合は西武・菊池、広島・戸田の両左腕が好投を見せて展開する。戸田が3回まで2安打を浴びながら3度の併殺打で切り抜けて無失点に抑えると、菊池は3回を1安打7奪三振と好スタートを切った。

 4回に試合が動く。
 広島が鈴木の左翼前適時打で1点を先制。6回にはエルドレッドの本塁打で1点を加えてリードを2点差に広げる。一方の埼玉西武は7回表にメヒアの左翼スタンドへのホームランで追いかけると、土壇場の9回2死から森の本塁打で追いついた。

 延長戦もよぎった9回裏、2死から菊池が右翼前安打で出塁すると、盗塁を決めて、途中交代出場の赤松の中前適時打でサヨナラ勝ち。最後はコリジョンルール適用で勝敗が分かれたが、足を生かした攻撃でモノにした。

 なお、採点は好投の戸田、丸に好評価をつけ、マンオブザマッチは9回裏、2死から安打で出塁して盗塁を決め、決勝ホームを踏んだ菊池を選定した。

 以下は本日の採点。

スポンサードリンク

1 2 3
shiro