データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【5月29日千葉ロッテ対福岡ソフトバンク戦、BBC独自採点】マンオブザマッチはファインプレーでロッテの勢いを止めた城所

5月29日、千葉ロッテ対福岡ソフトバンク戦は4-6で福岡ソフトバンクが勝利を収めた。現地取材に基づき、この試合をベースボールチャンネル独自基準にて採点を行ってみたい。

2016/05/30

text By

タグ: , , , ,



<福岡ソフトバンクホークス>

(右)城所6.5
評 バッティング面では6打席立って出塁は四球の1のみも、守備面で貢献。試合の流れを引き寄せるビッグプレーは、ロッテを意気消沈させた。本日のマン・オブ・ザ・マッチ。

 

(遊)今宮6.0
評 先制のホームを踏み、2打席目はカウント3ボールからの甘い球を打ちに行って適時打にした。もっと評価を与えてもいいくらいの活躍。乗りに乗っている。

 

(中)柳田6.5
評 2安打含む5打席すべて出塁。打つだけでなく、8回に盗塁を決めたシーンは彼の試合を読む力の高さを感じさせた。能力だけで彼を見ていては、本当の力を見誤るだろう。

 

(一)内川5.5
評 先制の犠牲フライを打ち上げた。難しい仕事を簡単にやってのけるから、普通に見てしまう。右方向を意識しながらの犠牲フライ。相当な芸当だ。

 

(指)長谷川5.5
評 周りがすごすぎるからいぶし銀に見えてしまう。彼が5番に存在していることは非常に大きな意味を持つ。

 

(三)松田6.5
評 最後の打席まではそれほど内容がよかったわけではなかったしかし、最後に巡ってきたチャンスで試合を決めてしまう。末恐ろしい男だ。

 

(左)中村5.5
評 追加点につながる4打席目の安打は、中村らしい心憎いくらいの技ありの一打だった。

 

(捕)鶴岡6.0
評 同点本塁打を防げていたら、マン・オブ・ザ・マッチしたいくらい、リードが良かった。、バッティングの面でも自身の役割、打順に課せられることが何かを熟知している。

 

(二)本多5.0
評 今日はいいところなく、途中交代。代わりに入った牧原がいい活躍を見せていた。踏ん張りどころだろう。

 

<投手>
武田5.5
評 7回途中までは申し分のないピッチングだった、最後は井口の経験にやられたというところか。成長の糧にしたい。

 

スアレス6.0
評 同点にされたあと、2死1、3塁の場面で登板。力強いストレートを投げ込み、見事に火消し役を務めた。

 

森6.0
評 城所の好プレーに支えられた部分もあったが、併殺のあと、走者を出さずにナバーロを三振に取ったことは大きかった。

 

サファテ6.0
評 見方が必死に繋いでカチオしてきた中で、しっかりと仕事を果たしたのは見事だ。

 

途中出場
福田‐
牧原‐

 

工藤監督6.5
評 武田翔太を粘り強く投げさせたうえ、危ないとみるや森ではなく、スアレスを投入。この選択には恐れいった。

 

1 2 3