データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【5月29日千葉ロッテ対福岡ソフトバンク戦、BBC独自採点】マンオブザマッチはファインプレーでロッテの勢いを止めた城所

5月29日、千葉ロッテ対福岡ソフトバンク戦は4-6で福岡ソフトバンクが勝利を収めた。現地取材に基づき、この試合をベースボールチャンネル独自基準にて採点を行ってみたい。

2016/05/30

text By

タグ: , , , ,



<千葉ロッテマリーンズ>

(右)清田5.5
評 比較的元気がなかったが、終盤の大事な場面で1本出した。やはり怖い存在であるのは確かだ。

 

(三)高濱6.0
評 3回裏、右翼スタンドに放った一発は彼の高いスキルによるものだ。誰にでもできる芸当ではなかった。7回の勝ち越し機は悔やまれる。

 

(左)角中5.0
評 押せ押せになったところでチャンスメークするのは流石の一言。8回裏のデスパイネの打球での飛び出しは、積極的な走塁が彼の持ち味とはいえ、目を切るのが速かった。

 

(指)デスパイネ5.5
評 無安打も2つの四球を選ぶ存在感。5番打者があたってくれば。もう少し甘い球が来るはずだ。

 

(二)ナバーロ5.0
評 チーム初安打を放ち、反撃の狼煙を上げた。しかし、9回のミスは悔やまれる。角中と並んで、敗戦の原因を作った。

 

(遊)鈴木5.5
評 劣勢の中での7回裏の二塁打は、キャプテンとしての意地を見た。技術も本物になりつつある。

 

(一)細谷5.5
評 1安打を放つも、アピールにはならず。このまま打順が下がり続けないようにしたい。

 

(捕)吉田5.0
評 全くいいところがなかった。バッティング面では、打席の中で余裕がない印象だ。

 

(中)加藤5.0
評 7回裏の、同点のあと、四球を選んだのは見事。しかし、ああいう場面では盗塁を決めて好機を拡大させたい。

 

投手
唐川4.5
評 ボールの球速が上がり、ボールに勢いが出てきた。しかし、慎重になりすぎていてもったいない投球だった。ストライクゾーンで勝負する選手、ボールゾーンで勝負する選手が真逆だった、頭の整理をすればもっと勝てる。

 

南5.5
評 先発が崩れたあとの役回りをきっちりとこなしている。このピッチングを続けていけば、役割も変わってくるはずだ。

 

大谷5.0
評 
勢いのあるボールを投げていたが、鶴岡に長打を浴びたのは痛い。2イニングは任せられない。

 

内5.5
評 走者を出したものの、安定感のあるピッチングだった。日によってはクローザー起用も視野に入れたい。

 

西野5.0
評 エラー絡みで2点本塁打を浴びた。流れだから仕方ない部分もあるが、それならクローザーは務まらない。失投は避けたいところだ。

 

松永5.5
評 緊急登板ながら、しっかりと抑えた。

 

途中出場
井口6.0
評 誰もがタイムリーを期待はしていたと思うが、本塁打を打つとは……彼の力量を改めて認識した。

 

田村‐
中村‐

 

伊東監督 5.5
評 井口の代打策は成功した。勝負どころを見極める眼力はさすがといったところ。そろそろ打順を固定したい。

1 2 3