データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【5月25日埼玉西武対東北楽天戦、BBC独自採点】炭谷、プロ初6番起用の采配が的中。マンオブザマッチは菊池に

5月25日、埼玉西武対東北楽天戦は7-0で埼玉西武が勝利を収めた。現地取材に基づき、この試合をベースボールチャンネル独自基準にて採点を行ってみたい。

2016/05/26

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



採点基準

8  シーズンに1試合あるかないかの活躍
7.5 突き抜けた活躍
7  勝利貢献度上
6.5 勝利貢献度中
6  勝利貢献度小
5.5 活躍した選手
5  可もなく不可もない
4.5 足を引っ張った
4  敗戦につながるミス
3.5 退場など試合を壊す

さらに現地取材の内容を加味します。

 

佐藤勇がつくった流れに菊池も続く

 西武が7-0で楽天に完勝、カード勝ち越しを決めた。

 

 試合は西武先発の菊池が1回を8球で切って好スタートを切ると、その裏、二死1、2塁から5番・浅村が走者一掃の適時二塁打を放ち2点を先制、主導権を握った。

 

 西武は3回裏には、先頭の秋山の出塁から二死満塁の好機をつかむと、プロ初となる6番に抜擢された炭谷が走者一掃の適時二塁打を放ち3点を追加した。7回裏には4番・中村がダメ押しとなる2点本塁打をバックスクリーン左に放り込み試合を決めた。

 
 
 西武先発の菊池は、その後も、快調なピッチングを続けて7回を被安打4無失点の好投。菊池の後を継ぎ、8回は大石、9回は小石が無失点で抑えて完封リレーで試合を締めた。

 

 田邊監督は「(先発の)雄星は緩急をうまく使ったいいピッチングをしていた。慌てず、じっくりバッターと勝負していたと思う。打線は1回に先制点が取れて、3回の炭谷の適時打が効いた」と試合を振り返った。殊勲打を放った炭谷は「(打順が)6番になってもやることは一緒だと思っていた。その中で一番いい形で結果が出たんで良かったなと思います」と胸を張った。4勝目を挙げた菊池は「前日の試合で(佐藤)勇がいいピッチングをしていたので、いい流れで行きたいと思っていました。僕自身もチームも借金があるので、ひとつずつ返せるように頑張りたいと思う。今日みたいなピッチングをしていけば、勝利はついてくると思います」と手ごたえを口にした。

スポンサードリンク

1 2 3