データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



桂か杉山、中日の正捕手に近いのは? インコースを攻めるから「強気」ではない【小田幸平の眼】

5月に入ってからの成績は6勝6敗1分の5割ながら、依然としてリーグ2位をキープしている中日ドラゴンズ。ここ最近の戦いぶりから、特にキャッチャーの配球面について、ドラゴンズOBで評論家の小田幸平氏に分析してもらった。

2016/05/18

text By

タグ: , , , , , , ,



打撃ではアピールできている2人

――ドラゴンズの今シーズンの好調の要因の一つとして、桂依央利選手、杉山翔大選手という2人の若いキャッチャーの活躍が挙げられると思います。しかし、ここ最近は逆転を許したり、終盤で追いつかれたりするなど、投手陣の踏ん張りがきかなくなっているようにも見えます。小田さんは元キャッチャーの立場からどうご覧になられますか?

小田 まず、桂も杉山もよく打っているんですよね。杉山は打率が3割を超えていますし、桂はホームランを3本打っていて、2人とも勝負強さが光っている。8番打者としては十分及第点ですが、その分、守備面、特にリード面が注目されていないと感じています。

――ファンとしても「打てるキャッチャー」はとてもうれしいのですが……。

小田 もし、打てていなかったら、かなり叩かれているんじゃないでしょうか? たとえば、最近は中継ぎ投手のリードで同じ失敗が繰り返されています。12日の横浜戦では又吉が1アウトも取れずに四球を連発してサヨナラ負け、翌日の広島戦でも福谷と又吉が打ち込まれて負けてしまいました。前日の反省を活かして抑えていれば、守備面でも頑張っていると思えるのですが、そうなっていない。そのあたりが僕が今、一番感じているところですね。

――打者としての貢献は大きいですが、リード面での貢献が少し物足りないということですね。

小田 完封勝利もしていますが、相手にビッグイニングを作られてしまったり、「なぜこの場面でこのボールを要求してしまったんだろう?」と思うことも多々あります。配球には答えはありませんが、この場面でここだけはダメだというボールがあるんですよ。

――たとえば、どのような場面ですか?

小田 12回裏を抑えれば引き分けで試合が終わるというときに、バレンティンにインコースを投げる必要はありませんよね? インコースを要求して、コースが甘くなってホームランを打たれたらベンチで叱られます。もちろん、インコースを攻めて打ち取れる相手もいます。だから「配球に正解はない」んですよ。

スポンサードリンク

1 2

shiro