大谷翔平選手をはじめとした日本人メジャーリーガーを中心にメジャーリーグ・日本プロ野球はもちろん、社会人・大学・高校野球まで幅広いカテゴリーの情報を、多角的な視点で発信する野球専門メディアです。世界的に注目されている情報を数多く発信しています。ベースボールチャンネル



Home » プロ野球最新情報 » DeNA » DeNAじゃなければ…?他球団なら主力クラスの選手(4)1軍戦力もレギュラーになれない…?

DeNAじゃなければ…?他球団なら主力クラスの選手(4)1軍戦力もレギュラーになれない…?

2024/05/15

text By

photo

産経新聞社



(左から)DeNA・坂本裕哉、三浦大輔監督、楠本泰史

プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 三浦大輔監督の下、1998年以来のリーグ優勝を目指す横浜DeNAベイスターズ。今季は、開幕からルーキーを筆頭に若手の奮闘が目立つ。その一方で出場機会に恵まれない選手や、本来のポジションで起用されない選手も少なくない。ここでは、他球団であれば主力となり得る選手を紹介したい。

 

今シーズンのセ・リーグはDAZNで生中継!
月額1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 

楠本泰史

DeNA・楠本泰史
・投打:右投左打
・身長/体重:180cm/85kg
・生年月日:1995年7月7日
・経歴:花咲徳栄高 – 東北福祉大
・ドラフト:2017年ドラフト8位
 
 2022年は存在感を発揮した楠本泰史だが、現在は代打での起用が中心となっている。
 
 東北福祉大ではリーグ戦MVPを2度獲得するなどの活躍。また、大学日本代表にも選出されたように、能力の高さは世代屈指だった。
 

 
 しかし、右肩の故障も影響し、ドラフト8位という順位で横浜DeNAベイスターズの一員になった。
 
 ファームで高打率を残した楠本は、ルーキーイヤーから一軍の試合に出場。主に代走や守備固めで出場したが、打撃では苦しいシーズンを長く過ごしていた。
 
 それでも、2022年は外国人選手にけがが相次いだうえ、楠本のバッティングも大きく向上。開幕スタメンも勝ち取り、同年は自己最多の94試合に出場で打率.252、6本塁打、26打点をマークした。
 
 今季も、4月4日の阪神タイガース戦で逆転打を放つなど、主に代打として勝負強さを見せている。さらなるアピールを見せ、レギュラーの座を勝ち取りたいところだ。

 

 
【関連記事】
DeNAじゃなければ…?他球団なら主力クラスの選手(5)
DeNAじゃなければ…?他球団なら主力クラスの選手(1)
DeNAじゃなければ…?他球団なら主力クラスの選手 全紹介

 

 
【了】