データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【5月8日埼玉西武対北海道日本ハム戦、BBC独自採点】マンオブザマッチは大谷から勝ち越し打の金子侑

5月8日、埼玉西武対北海道日本ハム戦は6-2で埼玉西武が勝利を収めた。現地取材に基づき、この試合をベースボールチャンネル独自基準にて採点を行ってみたい。

2016/05/08

text By

タグ: , , , ,



<埼玉西武ライオンズ>

(中)秋山 6.5
評 1打席目は大谷に球数を投げさせ、3打席目は1死二塁から中前安打でチャンスを拡大。最終打席でダメ押しの2点本塁打と随所に活躍を見せた。

 

(三)木村昇 5.5
評 2安打と好調をキープ。存在感を示したが、先制につながる三塁線ゴロを抑えられなかった守備面は無視できない。

 

(一)メヒア 6.5
評 投手戦の様相から2失点した後に追撃の本塁打。さらに同点打を放った。今の西武にはなくてはならない存在になっている。

 

(三)中村 5.0
評 4三振で全くいいところがなかった。振りに行っての三振は評価できるが、この日は全くあっていなかった。

 

(二)浅村 6.5
評 2安打1四球と3度の出塁。唯一の凡打も内容は悪くない。4三振の中村のあと、しっかりと仕事を果たした。完全復調は近い。

 

(左)栗山 6.5
評 2安打をマークし、下位打線に好機を演出した。6回裏は、1死から出塁し、いい流れを作っていた。守備面でも好プレーを見せた。

 

(右)木村文 5.0
評 2三振といいところがなく、守備面でもホーム送球を焦って打球をそらしてしまった。気持ちは分かるが、冷静なプレーを。

 

(遊)金子侑 7.0
評 本日のマンオブザマッチ。1打席目は1死・1、3塁から併殺打を放ったが、この内容が非常によく、その後の打席につなげた。2安打1打点2得点1盗塁。これまでは足を引っ張ることが多かったが、大谷を相手にしてのこの活躍は大いに自信になるのでは。

 

(捕)岡田 6.0
評 緊急先発にも落ち着いたリードを披露した。打っても貴重な追加点となる適時打を放った。正捕手奪取の道が開けてきた。

 

投手
野上5.5
評 中4日の登板だったが、走者を出しながら粘り強いピッチングを見せた。できればあと1イニング投げてもらいたいが、及第点だろう。

 

藤原6.5
評 同点に追いついた後の6回表に登板して3者連続三振。マン・オブ・ザ・マッチに相当する活躍。彼の投球が勝利を引き出したといってもいい。

 

武隈6.0
評 抜群の安定感。役割は日増しに上がっている。今のブルペン陣に欠かせない投手の一人になっている。

 

牧田6.0
評 1イニングをぴしゃりと抑えた。登板も多くなっているが、パフォーマンスを落とさないところは見事といえる。

 

増田5.5
評 登板が空いている中で、走者を出したとはいえ、無失点で抑えた。クローザーとしての役割を果たしている。

 

田邊監督 5.5
評 レアードにあわされていた先発の野上を6回で降板させた。6回裏には1死からタイミングが合っていなかった木村文に送りバントを命じた。どちらも、勝利に直結する采配になった。

1 2





  • 記者募集