データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



巨人と入団合意、ホセ・ガルシアの課題は選球眼。日本でのプレーは「辛抱強さを試す良い場に」

キューバのホセ・ガルシアの読売ジャイアンツ入りを『ベースボール・アメリカ』でも報じている。

2016/04/23

text By

タグ: , , , ,



NPBは選球眼を鍛える格好の舞台

 キューバに残された選手の中では、有望な若手と評価されていたホセ・アドレス・ガルシアが、読売ジャイアンツと今シーズン終了まで契約を結んだことがキューバ野球連盟から発表された。『ベースボール・アメリカ』によると、NPBシーズン終了後には、キューバに戻るとも報じられている。

 24歳のホセ・ガルシアはアトランタ・ブレーブズに所属する三塁手アドニス・ガルシアの弟。身長が約186cm、体重が約79kgのガルシアはまだ荒削りだが、生まれ持った能力と身体能力はキューバのどの選手に比べても素晴らしいものがあると、ベン・バドラー記者は評価する。すばやいバットスピード、パワー、平均以上の走力と肩を誇り、キューバでは主にライトでプレーしているが、センターで出場しているときのほうが落ち着いてプレーしているように見えるとも記事内では評価している。

 ガルシアにとって、NPBでプレーすることには大きな意味があることも綴っている。

”NPB pitching will be a better test of Garcia’s plate discipline, as he has a free-swinging approach and trouble with pitch recognition.”
「「フリースインガーのガルシアは、球の見極めに課題がある。NPBでのピッチャーとの対戦では、打席での辛抱強さを試す良い場となるだろう」

スポンサードリンク

1 2
shiro