データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



新たなセットアッパー誕生の予感。15年ドラゴンズ期待の育成の星〝岸魔神〟

中日ドラゴンズで、2015年に期待したい選手がいる。“岸魔神”こと岸本淳希だ。岸本がもしリリーフ陣の一角を担えたなら……さまざまな青写真が描ける。

2014/11/13

text By

タグ: , ,



ドラゴンズ七不思議のひとつは、2015年も発動の予感

 ドラゴンズファンで言われている七不思議のひとつ(七不思議については、いつか紹介したい)。それは毎年タケノコのようにポンポンとイキのいいセットアッパーが登場することだ。
 連覇の2010年、2011年は浅尾拓也が大車輪の活躍を見せた。
 2012年はルーキーの田島慎二が大活躍、2013年は岡田俊哉が台頭した。2014年は又吉克樹と福谷浩司がいなければチームはさらに下位に沈んだことだろう。

 ひとえにスカウト陣の眼力とコーチ陣の育成力のたまものである。

 2015年の期待の星は、岸本淳希だ。背番号は202。

 昨年のドラフトで育成選手として入団した19歳の右腕である。
 支度金は200万円、年棒は300万円。

 こういう選手が活躍してくれると、ファンとしては大変うれしい。

 敦賀気比高校時代は、エースとして春の選抜で4強入りの原動力となった。
 ドラゴンズ入団後はファームで21試合に登板し、3勝1敗6セーブ、防御率は0.77という好成績を記録した。

 シーズン後半からはクローザーに抜擢され、期待に応えている。

スポンサードリンク

1 2
shiro