データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





広島東洋カープ、2016年戦力診断。ルナら外国人選手の働き、大瀬良復帰までの先発陣の踏ん張りもポイント

ベースボールチャンネルでは、2016年プロ野球開幕に向けて、各球団の補強動向を診断していく。日本一という目標に向かって、効果的な補強を行うことができた球団は?今回は広島東洋カープだ。

2016/03/23

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



キクマルに続く世代の成長がV奪回のカギ

 優勝候補に挙げられながら、昨年はクライマックスシリーズ進出を逃してしまった。前田健太、黒田博樹、ジョンソンを軸とした強力投手陣は威力を発揮したが、チーム打率.246の打線が課題としてクローズアップされた。
 
 新たに打撃コーチに就任した石井琢朗、東出輝裕の両氏は、秋季キャンプから選手にバットを徹底的に振らせ、選手個々の技術アップに取り組んだ。
 1日9時間に及ぶ練習から、野間峻祥、鈴木誠也らが成長のきっかけをつかんだのは大きな収穫である。菊池涼介・丸佳浩の「キクマルコンビ」に続く世代の台頭がチームのV奪回には欠かせない。
 
2016広島東洋カープin-out

スポンサードリンク

1 2