プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



チームによっては主力級? 巨人の現役ドラフト注目選手5人(5)大きく期待された巧打者

2022/12/06

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

2022年12月9日、プロ野球史上初の現役ドラフトが開催される。出場機会に恵まれない選手の移籍が活発化されることを目的としており、手探りの部分はありながらどういった移籍が実現するのか、注目するプロ野球ファンも多いはずだ。現役ドラフトの注目選手に関して、今回は巨人の選手を5人紹介する。

 

 

重信慎之介


 
投打:右投左打
身長/体重:173cm/74kg
生年月日:1993年4月17日
ドラフト:2015年ドラフト2位

 
 外野のレギュラー候補と言われていた重信慎之介も、思うような活躍ができていない選手と言えるだろう。
 
 早稲田大学在学中は3年の春からレギュラーを獲得し、ベストナインを2度獲得。4年秋は打率.432でリーグ首位打者に輝き、リーグ通算打率.333、通算盗塁39という際立った成績を残した。自身にとって最後のリーグ戦は見事に優勝を果たし、ドラフト2位で巨人に入団する。
 

 
 ルーキーイヤーは25試合の出場に終わり、打率も.190と結果を残せず。2年目は代走で出場機会を増やし10盗塁を記録したものの、打率.157で前年よりも数字を落とした。体重を6キロ増やして臨んだ3年目、中日ドラゴンズに在籍した松坂大輔からプロ初本塁打を放つなど、打率.281で飛躍のシーズンを送った。
 
 ただ、その後は打席数も減少したうえ、直近2シーズンは打率が2割台前半と苦しい結果に。持ち前の俊足を活かす場面も減り、レギュラー奪取にはハードルが高い状態だ。来シーズン以降、再び躍動する重信の姿を楽しみにしたい。