プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



チームによっては主力級? 巨人の現役ドラフト注目選手5人(4)出場機会増目指す好捕手

2022/12/06

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

2022年12月9日、プロ野球史上初の現役ドラフトが開催される。出場機会に恵まれない選手の移籍が活発化されることを目的としており、手探りの部分はありながらどういった移籍が実現するのか、注目するプロ野球ファンも多いはずだ。現役ドラフトの注目選手に関して、今回は巨人の選手を5人紹介する。

 

 

岸田行倫


 
投打:右投右打
身長/体重:176cm/88kg
生年月日:1996年10月10日
ドラフト:2017年ドラフト2位
 

 ムードメーカーとしてチームを盛り上げ、キャッチャーとしても重要な役割を期待される岸田行倫だが、ここ数年でも出場機会が伸びていない選手の1人である。
 
 報徳学園高校(兵庫)では4番キャッチャーで試合に出場し、センバツではマウンドに上がることもあった岸田。高校を卒業すると大阪ガスに入社し、自身のリードでノーヒットノーランを演出。リード・打撃の両面を評価され、楽天が獲得に動く可能性もあったが結果的に巨人が指名した。
 

 
 2018年は1軍出場なし、2019年は4試合の出場となった一方、2020年は34試合に出場。打数は少ないながらも打率.302をマークし、大城卓三や炭谷銀仁朗(現:楽天)に続くキャッチャーとして確かな存在感を見せた。
 
 ところが、2021年・2022年は出場機会が減少し、スタメンマスクもわずかとなった。出場試合数増が大きな課題として立ちはだかる岸田。来季も「巨人の岸田」として出場機会を増やせるのか、「他球団の岸田」となるのか気になるところである。