プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



「二軍の帝王」では終われない…一軍の壁に苦しむ現役5人(5)育成から這い上がった“剛腕”

2022/11/03

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 プロ野球の世界では、二軍では圧倒的な成績を残すも、一軍では実力を発揮できない選手がいる。大きな壁を乗り越えてブレイクを果たす例もあるが、多くが志半ばでNPBを去っている。今回は、「二軍の帝王」からの脱却を目指す現役選手5人を紹介する。

 

 

尾形崇斗(福岡ソフトバンクホークス)


出身地:宮城県
投打:右投左打
身長/体重:182㎝/83㎏
生年月日:1999年5月15日
経歴:学法石川高
ドラフト:2017年育成ドラフト1位
 
 ファームでは潜在能力の高さを示している尾形崇斗。しかし、一軍では苦戦を強いられている。
 
 2017年育成ドラフト1位で福岡ソフトバンクホークスへ入団。高卒1年目からファームで経験を積み、2020年の開幕前に支配下登録の切符を手にした。同年の開幕直後に一軍昇格を果たすも、プロ初登板で1回3失点を喫し、悔しいデビュー戦となった。
 
 2021年は二軍で結果を残すと、一軍では8試合の登板ながら防御率0.87と覚醒の予感を漂わせた。しかしながら、今シーズンは登板数を伸ばせず。プロ初勝利こそ手にしたが、防御率も5.56と振るわず、一軍の壁を痛感した。一方、二軍では33試合(35回)を投げ10 セーブ、イニングを上回る40奪三振、防御率2.06の好成績。奪三振能力の高さも光った。
 

 
 同期入団の周東佑京らも育成から這い上がり、一軍の舞台で活躍している。彼らの後に続くことができるか、剛腕リリーバーの飛躍が待たれる。