プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



「二軍の帝王」では終われない…一軍の壁に苦しむ現役5人(2)崖っぷちに立つドラ1打者

2022/11/03

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 プロ野球の世界では、二軍では圧倒的な成績を残すも、一軍では実力を発揮できない選手がいる。大きな壁を乗り越えてブレイクを果たす例もあるが、多くが志半ばでNPBを去っている。今回は、「二軍の帝王」からの脱却を目指す現役選手5人を紹介する。

 

 

平沢大河(千葉ロッテマリーンズ)


出身地:宮城県
投打:右投左打
身長/体重:176㎝/82㎏
生年月日:1997年12月24日
経歴:仙台育英高
ドラフト:2015年ドラフト1位
 
 2015年ドラフト1位で入団した平沢大河も、一軍の壁に苦しんでいる。
 
 高卒1年目から大きな期待を受け、一軍デビュー。高卒3年目の2018年には外野に挑戦して出場機会を増やし、自己最多の112試合に出場。同年は打率.213ながら5本塁打、出塁率.328の成績で存在感を示した。
 
 さらなる飛躍が期待されたが、翌年は51試合と出場機会が減少、2020年から2シーズンは、一軍の舞台から遠ざかった。今シーズンはオープン戦で結果を残し、「9番・三塁」で初の開幕スタメンを奪取。しかし、結果は残せず、5月以降は二軍が主戦場となった。ファームでは打率.278、出塁率.397をマークし、首位打者と最高出塁率のタイトルを獲得した。
 

 
 高い期待を受けプロの世界に飛び込んだ平沢も、来シーズンでプロ8年目を迎える。二軍暮らしを脱却し、一軍定着を果たせるか注目だ。