プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】日本シリーズ第3戦、ヤクルトが完勝! 1番・山田哲人が決勝3ラン、オリックス降し2年連続日本一へ前進

2022/10/25

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 日本シリーズ 最新情報(最新ニュース)

<SMBC日本シリーズ2022第3戦 ヤクルト 7―1 オリックス>(25日、京セラD大阪)

 

 
 オリックス・バファローズと東京ヤクルトスワローズによる「SMBC日本シリーズ2022」第3戦(4戦先勝)が25日、京セラドーム大阪で開催。投打の噛み合ったヤクルトが7-1で完勝し、日本シリーズ2勝目を挙げた。
 
 オリックス・宮城大弥、ヤクルト・高橋奎二と両チームの左腕エースが先発マウンド。昨年の日本シリーズ第2戦の再戦が実現した。初回、宮城は三者凡退の立ち上がり。対する高橋は先頭打者への四球から2死三塁とされたが、無失点で切り抜けた。
 
 その後も両投手が相手打線を封じ、スコアレスの展開。試合が動いたのは、5回表だった。ヤクルトは先頭の中村悠平、7番ドミンゴ・サンタナの連打で一、二塁のチャンスを作ると、2者が凡退し、打席には1番で起用された山田哲人。1ストライクからの2球目、内角の速球を振り抜いた。高々と舞い上がった打球は、レフトスタンドへの3ランホームラン。打撃不振に苦しんでいたキャプテンの復活弾で、3点を先制した。
 
 投げてはヤクルト先発・高橋が持ち味の威力ある速球でオリックス打線をねじ伏せ、6回7奪三振無失点の好投を披露した。さらに打線は7回、4番・村上宗隆の押し出し四球で次の1点を挙げると、9回にも1死一、二塁から村上の2点適時二塁打、続く5番ホセ・オスナのタイムリーで3点を追加。大量7点のリードを奪った。

 

  

 一方のオリックス打線だったが、再三のチャンスで決勝打が生まれず。9回には代打・西野真弘のタイムリーでようやく1点を返したが、反撃はここまで。シリーズ成績は2敗1分と苦しい状況に立たされている。