プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



移籍か残留か…争奪戦必至のFA投手5人(5)超大物右腕も海外FA取得

2022/10/25

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

プロ野球の世界では環境を変えることで更なる高みを目指す選手がいる。その代表例がフリーエージェント(FA)移籍だ。今オフは。一線級の選手たちが数多く権利を取得。その動向が注視されている。ここでは、今季FA権を取得した注目の投手5人を紹介する。

 

 

田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)


 
・出身地:兵庫県
・投打:右投右打
・身長/体重:188㎝/97㎏
・生年月日:1988年11月1日
・経歴:駒大苫小牧高―楽天―ヤンキース
・ドラフト:2006年高校生ドラフト1巡目
 
 球界最高年俸を誇る田中将大も今季、自身初の海外FA権を取得した。
 
 甲子園のスターとして脚光を浴びた田中は、2006年高校生ドラフトで4球団が競合。東北楽天ゴールデンイーグルスに入団を果たすと、高卒1年目から11勝を挙げ、新人王を獲得。その後も順風満帆なキャリアを築き、2013年には24勝0敗1セーブ、防御率1.27という伝説級の成績を残した。
 
 翌2014年から活躍の場をメジャーリーグへ移すと、MLB初年度から13勝をマーク。MLBでも6年連続で2桁勝利を挙げ、実績を残した。
 

 
 2021年に日本球界へ復帰すると、同年は防御率3.01ながら打線の援護に恵まれず、4勝9敗と苦しんだ。今シーズンも、25試合に登板し、9勝12敗、防御率3.31と、好投手であることに疑いの余地はないが、コスト面を考えると物足りなさは残る。
 
 それでも球界随一の実績とネームバリューを誇るだけに、FA宣言となればやはり争奪戦は必至となるだろう。球界きっての大物右腕の去就に注目が集まる。