プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】日本シリーズ第2戦、延長戦の末引き分け ヤクルト1勝1分でオリックスにリード【SMBC日本シリーズ2022】

2022/10/23

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 日本シリーズ 最新情報(最新ニュース)

<SMBC日本シリーズ2022第2戦 ヤクルト 3ー3 オリックス>(23日、神宮)

 

 
 東京ヤクルトスワローズとオリックス・バファローズによる「SMBC日本シリーズ2022」第2戦(4戦先勝)が23日、明治神宮野球場で開催。延長12回の激闘の末、3-3で引き分けに終わった。
 
 ヤクルトはクライマックスシリーズ(CS)でも好投したサイスニード、オリックスは技巧派左腕の山﨑福也が先発。試合が動いたのは3回、先頭の7番・紅林弘太郎の二塁打を皮切りに1死三塁とすると、打撃にも定評のある9番・山﨑福が初球をとらえ、前進守備の一、二塁間を破った。自らのバットで先制点を生み出すと、後続の連打と相手守備の綻びもあり、さらに1点を追加した。
 
 さらにオリックス打線は5回、先頭の1番・安達了一のツーベースを皮切りに2死三塁の局面を作り、4番・吉田正尚は2打席連続となる申告敬遠。一、三塁と変わり、5番・杉本裕太郎が三塁へのタイムリー内野安打。貴重な追加点を奪った。
 
 その裏、オリックスは好投を続けていた山﨑福を早めにスイッチし、山﨑颯一郎がマウンドへ。山﨑颯も躍動感溢れるピッチングで起用に応え、2イニングを無失点に抑えた。
 
 6回以降は、試合が膠着状態に。両チームが誇る自慢のリリーフ陣が好投を続け、3点差のまま最終回の攻防に突入した。
 
 迎えた9回裏、後がないヤクルトはオリックス・阿部翔太から無死一、二塁のチャンスを作り、打席には代打・内山壮真。2ボール2ストライクからの6球目、高めの速球を振り抜いた。高々と舞い上がった打球は、レフトスタンドに飛び込む同点3ランホームラン。弱冠20歳の若手が大仕事をやってのけ、土壇場で試合を振り出しに。3-3のスコアで延長戦に突入した。
 

  
 延長10、11回は両チームがともに得点圏に走者を置くも、決勝打は生まれず。規定により最終回となる延長12回、ヤクルトは田口麗斗、木澤尚文と必死のリレーで無失点。その裏、オリックスは近藤大亮が3人で締め、引き分けで試合終了となった。