プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】日本シリーズ第1戦、ヤクルトが先勝! オリックス破り日本一連覇へ好発進【SMBC日本シリーズ2022】

2022/10/22

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 日本シリーズ 最新情報(最新ニュース)

<SMBC日本シリーズ2022第1戦 ヤクルト 5―3 オリックス>(22日、神宮)

 

 
 東京ヤクルトスワローズとオリックス・バファローズによる「SMBC日本シリーズ2022」第1戦(4戦先勝)が22日、明治神宮野球場で開催。ヤクルトが序盤から試合を優位に進め、5-3で日本シリーズ初戦を制した。
 
 ヤクルトは経験豊富な右腕・小川泰弘、オリックスは2年連続投手4冠を受賞した絶対的エース・山本由伸が、初戦の先発マウンドに上がった。
  
 小川は、初回を三者凡退の立ち上がり。すると打線はその裏、1番・塩見泰隆が安打と盗塁でチャンスメイク。4番・村上宗隆は四球で歩き2死一、二塁とすると、続くホセ・オスナは三塁線を破る2点タイムリーツーベースを放ち、山本から貴重な先制点を挙げた。
  
 一方のオリックス打線は直後の2回、四球と2本の安打で1死満塁の絶好機。8番・紅林弘太郎の適時打で1点を返すと、1番・福田周平は押し出し四球を選び、同点に追いついた。
  
 しかしヤクルトは3回、先頭の塩見が左中間スタンドに運んで1点を勝ち越すと、続く4回無死には5番オスナが打った瞬間の一撃。2本のソロ本塁打でリードを奪った。
  
 ヤクルトの先発・小川は、走者を出しながらも粘りの投球。5回には2死満塁のピンチを迎えたが、6番・西野真弘を遊飛に打ち取り、役目を全うした。対する山本は5回の投球でアクシデント発生。先頭の代打パトリック・キブレハンへ3球投じたところで治療のためにベンチへ下がり、そのまま無念の降板となった。後続は緊急登板の比嘉幹貴が3人で断ち、ヤクルトリードで試合を折り返した。
  
 その後は両チームのリリーフ陣が好投を見せ、膠着状態に。反撃したいオリックスは8回、安打と犠打で2死二塁とすると、代打T-岡田外野手はしぶとくセンター前へ落とし、1点差に詰め寄った。
  
 ヤクルトはその裏、先頭は三冠王に輝いた4番・村上。オリックス・平野佳寿に対してフルカウントで迎えた7球目、外角のフォークを完璧にとらえた。右中間スタンドへの確信弾で、取られた直後に点差を広げた。
 

  
 ヤクルト2点リードで迎えた最終回、マウンドには守護神スコット・マクガフが上がった。マクガフは安打と四球で1死一、二塁のピンチを招くも、最後は連続三振で試合を締めくくった。