プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



苦労人、即戦力、隠し玉…今秋ドラフトで指名された名門・東北福祉大の3人

2022/10/22

text By

photo

川浪康太郎



ドラフト会議 最新情報

 10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議。昨年4人が指名された東北福祉大は、今年もプロ志望届を提出していた4人中3人の名前が呼ばれた。3人とも入団すれば、NPB、MLBに進んだ東北福祉大OBは計60人となる。今回は、偉大な先輩たちに続いた3選手を紹介する。

 

 

甲斐生海(ソフトバンク3位)


今秋猛アピールした甲斐生海。【撮影:川浪康太郎】
 
 大方の予想より早く名前を呼ばれた甲斐生海外野手(4年=九州国際大付)は、笑顔で記者会見に臨んだ。地元球団からの指名ということもあり、喜びもひとしお。「すごく嬉しい。ファンから愛されるような良い選手になりたい」と声を弾ませた。胸の高まりが伝わる言葉だったが、一方で“甲斐生海らしくない”表現にも聞こえた。
 
 「あんまり野球が好きじゃないので…」。
 
 秋の開幕戦後の取材中、NPBからの指名がなければ競技を引退すると明言した甲斐に理由を問うと、こんな答えが返ってきた。冗談交じりに発された言葉にも感じ取れたが、それは甲斐の本心だった。
 
 福岡県北九州市出身。長打力を武器とする左の和製大砲で、高校時代は地元の強豪・九州国際大付で主将を務めた。東北福祉大でも入学直後からリーグ戦に出場。順風満帆に見えた野球人生は、1年次に父と祖父母が他界したことを機に暗転する。精神的に追い詰められ、2、3年次は野球と距離を置くようになった。グラウンドに出てもノックの球出しなどの練習補助しかできず、バットを握れない時期も。「空白の2年間」は瞬く間に過ぎていった。
 

 
 それでも、プロ入りは高校時代からの夢。最上級生となった今春は家族やチームメイトにも背中を押され、再び野球と向き合うようになった。復帰当初は球が見えず、「また辞めようかな…」との思いもよぎったが、同学年で同じ左打者、ゲーム仲間でもある杉澤龍外野手(4年=東北、オリックス4位指名)から速球に対するタイミングの取り方などを教わり、徐々に本来の感覚を取り戻していった。
 
 春は初めて規定打席に到達し、2本塁打を放つ活躍。「プロだったら本気でやれる。自分が一番下手な位置から頑張りたい」と覚悟を決め臨んだ秋も、開幕から快音を響かせ続けた。東北大1、2回戦ではいずれも右翼席に運ぶ特大の3打席連続本塁打をマークし、ヤクルト・村上宗隆内野手の打撃を参考に中堅から左翼方向への打球も増やしたことで打率も上昇。最終的に打率.405、3本塁打、16打点で本塁打と打点の二冠を獲得した。
 
 スカウト陣へのアピールとしては十分すぎる成績を残したが、リーグ戦期間中、どれだけ打ってもマイペースで謙虚な姿勢は変わらなかった。そして最後まで、プロ入りを意識した発言をすることはなかった。決して野球をまた好きになったわけではないが、野球の神様は甲斐に微笑んだ。
 
 ドラフト当日の記者会見後に行われた囲み取材では、目標とする選手が村上ということもあり、「三冠王」への意識を問われた。「自分は(三冠王は)無理なので、そこそこ活躍する選手になれたらいいな」。あまりにも“甲斐生海らしい”答えだった。

1 2 3