プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



競合?一本釣り? 今年のドラフト1位指名を公表された逸材9人(9)完成度No1.の即戦力投手

2022/10/19

text By

photo

産経新聞社



プロ野球ドラフト会議2022 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議が、10月20日に控えている。今年は、二刀流の矢澤宏太(日体大)、高校通算68本塁打のスラッガー・浅野翔吾(高松商)らに大きな注目が集まる中、各球団が続々とドラフト1位指名の選手を公言している。ここでは、ドラフト1位での入団が当確となった選手9人を紹介する。

 

 

吉村貢司郎(東芝)

 
 即戦力として期待され、抜群の完成度を誇る吉村貢司郎。東京ヤクルトスワローズがドラフト1位指名を公言した。
 
 吉村は、日大豊山高から国学院大を経て、東芝に入社した右腕(右打)。身長183センチ、体重84キロ。(東芝野球部のHPより)。
 
 日大豊山高では1年秋からエースとして活躍し、3年夏には東東京大会準優勝を果たした。国学院大に進学後は、2年時から主力投手として登板を重ねた。4年春には主に先発を務め、3勝を挙げる活躍を見せた。卒業後はプロ志望届を提出したが、怪我の影響もあって指名漏れを経験。東芝への入社を決めた。
 

 
 東芝では1年目から登板し、2年目には主戦として再びプロ注目投手に。故障も癒え、最速153キロの直球とスライダー、フォーク、カーブとオーソドックスな組み合わせで打者を圧倒する社会人屈指の好右腕だ。