プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



プロでも即通用する? 大学生スラッガーのドラフト候補6人(5)肉体改造でパワーヒッターへ

2022/10/20

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議が、10月20日に控えている。今年は多くの球団がドラフト1位選手を公表する中、埼玉西武ライオンズは左の大砲・蛭間拓哉(早稲田大)の指名を公言。即戦力として大学生打者の獲得を目指している。そこで今回は、ドラフト上位候補に挙がる大学生スラッガー6人を紹介する。

 

 

澤井廉(中京大)

 澤井は、中京大中京高から中京大に入学した外野手。左投左打、身長180センチ、体重100キロ(中京大野球部のHPより)。
 
 中京大中京高では。1年夏からベンチ入り。秋にはライトのrレギュラーとなり、公式戦でも本塁打を記録するなど持ち味を発揮した。2年夏には、1学年上の伊藤康祐や鵜飼航丞(ともに現・中日ドラゴンズ)らとともに愛知県大会を制覇し、甲子園の舞台に立った。
 
 中京大では、1年春からいきなり指名打者として活躍し、ベストナインと新人賞を獲得した。その後も中軸を担い、4年春時点でリーグ戦通算打率.299、8本塁打、40打点を記録している。
 

 
 大学入学後、20キロの増量に成功。確実性にパワーも加わり、さらに怖い打者へと成長した。強く振り切るスイングで逆方向にも長打を打つことができ、打撃面はプロスカウトからも高い評価を得ている。ドラフトでは、上位指名の可能性も十分にありそうだ。