プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



プロでも即通用する? 大学生スラッガーのドラフト候補6人(4)急成長見せる“慶応ボーイ”

2022/10/20

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議が、10月20日に控えている。今年は多くの球団がドラフト1位選手を公表する中、埼玉西武ライオンズは左の大砲・蛭間拓哉(早稲田大)の指名を公言。即戦力として大学生打者の獲得を目指している。そこで今回は、ドラフト上位候補に挙がる大学生スラッガー6人を紹介する。

 

 

萩尾匡也(慶応大)


 萩尾は、文徳高から慶應義塾大に入学した外野手。右投右打、身長180センチ、体重84キロ。(慶應義塾大野球部のHPより)
 
 文徳高校では1年春からベンチ入り。2年夏の熊本県大会では4番に座り、5試合で打率.444(18打数8安打)、11打点の活躍を見せた。秋からは主将もつとめ、熊本県大会優勝も経験。高校通算43本塁打の打撃でチームを牽引した。
 
 慶應義塾大では、2年春にリーグ戦デビュー。3年春外野のレギュラー格となると、三振の多さは目立ったものの、7安打のうち3本が長打とスラッガーの資質を見せた。同年秋以降は確実性も向上し、明治神宮大会では3戦3本塁打。センターを守った4年春には、打率.339(59打数20安打)、5本塁打をマークし、一気にその可能性を開花させた。
 

 
 広角に強い打球を飛ばせる長距離砲。逆方向へのスタンドインも見せている。長打力のある中堅手は貴重な存在で、プロスカウトからも大きな注目を集めている。