プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



プロでも即通用する? 大学生スラッガーのドラフト候補6人(3)“戦国東都“で輝く右の大砲

2022/10/20

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議が、10月20日に控えている。今年は多くの球団がドラフト1位選手を公表する中、埼玉西武ライオンズは左の大砲・蛭間拓哉(早稲田大)の指名を公言。即戦力として大学生打者の獲得を目指している。そこで今回は、ドラフト上位候補に挙がる大学生スラッガー6人を紹介する。

 

 

森下翔太(中央大)


 
 森下は、東海大相模高から中央大に入学した外野手。右投右打、身長182センチ、体重88キロ。(中央大野球部のHPより)
 
 東海大相模高では1年夏からベンチ入りし、神奈川県大会でデビュー。秋からは4番に座り、2年時には県大会決勝で2本塁打を放つ活躍も見せた。打線の中軸を担いながら守備でも活躍を見せ、3年春には甲子園出場も果たした。
 
 卒業後は中央大に進学し、1年春から右翼のレギュラーを掴むと、いきなりベストナインを獲得する大活躍。2本塁打を放つなど存在感を示し、大学日本代表にも抜擢された。4年春時点で大学通算8本塁打を放ち、プロスカウトの注目を浴びる存在となった。
 

 
 強く引っ張る打撃に加え、リストの強さを活かして右方向に押し込む打撃もできることが最大の強み。やや粗さは残り、打率は決して高くなかったものの、甘く入った球は遠くに飛ばせる素質十分だ。脚力や守備力もプロスカウトに評価されており、数年の間にプロで主力を担う可能性もある逸材。今秋のドラフト会議では、上位指名が有力視されている。