プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



競合?一本釣り? 今年のドラフト1位指名を公表された逸材9人(2)“超高校級”スラッガー

2022/10/19

text By

photo

産経新聞社



プロ野球ドラフト会議2022 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議が、10月20日に控えている。今年は、二刀流の矢澤宏太(日体大)、高校通算68本塁打のスラッガー・浅野翔吾(高松商)らに大きな注目が集まる中、各球団が続々とドラフト1位指名の選手を公言している。ここでは、ドラフト1位での入団が当確となった選手9人を紹介する。

 

 

浅野翔吾(高松商)

 
 高校生の最注目は、浅野翔吾だろう。読売ジャイアンツが12球団最速でドラフト1位指名を公言した。
 
 浅野は、香川県・高松商の外野手。右投両打、身長170センチ、体重86キロ。(野球日本代表 侍JAPANのHPより)
 
 小学校時代から本塁打を量産していたという天性のスラッガーは、中学時代にU-15侍JAPANにも選出。進路が注目されたが、地元の高松商に入学した。
 
 高松商では1年生からベンチ入りすると、2年夏、3年夏と2年連続で甲子園に出場。2大会、計5試合で4本のホームランを放つなど圧倒的な存在感を放った。今夏は高校日本代表にも選出され、U-18W杯では6試合で打率.444(18打数8安打)、1本塁打、4打点をマーク。木製バットへの対応も注目されたが、高校通算68本塁打の打棒を見せつけた。
 

 
 小柄ながら高校生離れした体格を活かし、遠くに飛ばす力は一級品。最上級生となってからはスイッチヒッターにも挑戦し、野球センスも抜群。競合必至の「注目度No.1選手」となっている。