プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



WBC2023、侍Jメンバー予想(4)山田、坂本か。世代交代か…

2022/10/03

text By

photo

Getty Images、産経新聞社



WBC2023 侍ジャパンメンバー予想

 「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2023」が2023年3月8日から開催される。野球日本代表「侍ジャパン」は、栗山英樹監督率いる新チームが、東京五輪金メダルという最高の形で終わった稲葉ジャパンからバトンを受け取り、再び一から出発する。
 
 11月には強化試合も予定されている。準備期間の短い今大会では、どのようなチーム作りが行われるのだろうか。弊サイトの編集部では、今大会に選出される選手28人を予想した。

 

 

内野手


 
 内野手は以下のメンバーを予想した。
 
右)浅村栄斗 一塁手、二塁手
右)外崎修汰 二塁手、三塁手、(両翼手)
左)村上宗隆 三塁手、(一塁手)
左)源田壮亮 遊撃手
右)坂本勇人 遊撃手
右)山田哲人 二塁手、(一塁手)
左)周東佑京 三塁手、外野手、二塁手
 
 一塁手には浅村栄斗(楽天)、三塁手には村上宗隆(ヤクルト)と左右の強打者を配置。遊撃手には、球界隨一の守備力を誇る源田壮亮(西武)を置いた。さらに東京五輪でも大活躍だった山田哲人(ヤクルト)、坂本勇人(巨人)の力はまだまだ必要だろう。
 

 
 普段から源田とコンビを組んでおり、複数ポジションをこなせる外崎修汰(西武)も重要な役割を担えそうだ。プレミア12で輝きを放った周東佑京(ソフトバンク)もバックアップとして魅力的だが、外崎がいれば、「足」での起用もしやすくなる。
 
 他の候補では牧秀悟(DeNA)も、いまや捨て置けない存在だ。パ・リーグの長距離砲・山川穂高(西武)もいる。そして、中田翔(巨人)も、栗山監督との関係や、準々決勝までホームの東京ドーム開催であることを考えても、選ばれる可能性はゼロではないだろう。

1 2