プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



WBC2023、侍Jメンバー予想(2)守護神は誰に託すべき?

2022/10/03

text By

photo

Getty Images、産経新聞社



WBC2023 侍ジャパンメンバー予想

 「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2023」が2023年3月8日から開催される。野球日本代表「侍ジャパン」は、栗山英樹監督率いる新チームが、東京五輪金メダルという最高の形で終わった稲葉ジャパンからバトンを受け取り、再び一から出発する。
 
 11月には強化試合も予定されている。準備期間の短い今大会では、どのようなチーム作りが行われるのだろうか。弊サイトの編集部では、今大会に選出される選手28人を予想した。

 

 

救援投手


 
 救援投手は、以下のメンバーを選出した。大半が右投手の選出となったが、左右の別よりも、力負けしないボールを重視した。
 
右)澤村拓一
右)大勢
右)藤井皓哉
右)平良海馬
左)松井裕樹
右)栗林良吏
 
 守護神には、東京五輪での活躍が記憶に新しい栗林良吏(広島)を推したい。パ・リーグのセーブ王・松井裕樹(楽天)と左右でのオプションも考えられる。藤井皓哉(ソフトバンク)、平良海馬(西武)ら力のあるボールを投げ込む選手らに加え、やや変則気味の大勢(巨人)の存在も面白い。
 

 
 また、去就が注目される澤村拓一については、メジャーでの登板経験から日本の投手よりもデータが知れ渡っているというデメリットもあるが、米国のマウンドを知る者がチームにいるかどうかの差は大きい。
 
 山﨑康晃(DeNA)は、メジャー挑戦の可能性があるためにメンバー外とした。千賀同様、日の丸への思いが強い選手のひとりだけに、心苦しいところではある。他の候補としては、伊藤大海同様、長いイニングも期待できる山岡泰輔(オリックス)や、左のスペシャリスト高梨雄平(巨人)らの名が挙がった。

1 2