プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



道産子に愛される人気球団へ。さらば、夢と幸せの舞台となった札幌ドーム【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#183】

04年から本拠地球場として使用してきた札幌ドームも今季限りとなる。とりわけ東京から北海道への移転を経験した在京ファンにとって、この球場には幸福な記憶しかない。

2022/10/01

text By



二度目の本拠地移転

 札幌ドーム最終戦を見に行った。本拠地移転を経験するのは二度目だ。セの人気球団なら一度も経験しないどころか、考えもしないような出来事にファイターズの在京ファンは二度遭遇している。自然、03年の東京ドーム最終戦と比べるような気持ちになっている。あのときはつらかったなぁ。行きつけの野球、ホームチームを失うことがあれほど堪えるとは思っていなかった。だけど、在京ファンは東京ドームの「ジャイアンツのウラ開催」の悲哀が骨身にしみていた。僕は00年の正月だったと思うけど、ファイターズ球団職員から年賀状をもらい、そこに「このままではファイターズはなくなってしまうんじゃないでしょうか」と添え書きがしてあってショックを受けた。親会社がドンブリ勘定で赤字を補填してくれる、昭和式のプロ野球経営が曲がり角に来ていた。職員さんの年賀状はファイターズの北海道移転や、その後の球界再編騒動と危機意識においてリンクしていたと思う。後年、「あの年賀状の段階で北海道移転は社内のウワサにはなってたんですか?」と尋ねてみたが、それは全く知らなくて、ただこのままじゃ会社がつぶれてしまうんじゃないかと心配でしょうがなかったという。
 
 あのときは危機意識が先にあったのだ。で、西武の準本拠地に決まりかけてた札幌ドームを奇襲というかフライングゲットする感じで新しいホームに定める。何しろ02年、西武の開幕戦は札幌ドームで開催しているのだ。もしかしたら北海道にライオンズファンが沢山誕生していた世界線もあったかもしれないのだ。ファイターズは04年からの本拠地使用を発表したのは何と02年開幕戦の直前だ。それは揉める。西武からしたら「聞いてないよー」だ。
 
 で、同じく「聞いてないよー」だったのは当のファイターズファンだった。寝耳に水というのはあれのことを言うのだろう。不人気球団を支えてきたファンへの裏切り、背信行為だった。あと2シーズンで東京を出ていくからな。その後、見たかったら札幌まで来るといい。
 
 その2シーズンは寂しかったよ。それがあるから生きていられたという「人生のつっかえ棒」が外されたんだ。アイデンティティ・クライシスだ。激怒してフロント職員に食ってかかるファンもいた。反対署名も巻き起こった。僕自身は反対表明はしなかった。だから「球団の犬」と罵られたこともある。僕の頭にひっかかっていたのは例の年賀状だ。「このままではファイターズはなくなってしまうんじゃないでしょうか」。あぁ、ここで勝負しないとジリ貧で近いうちつぶれるんだなと思った。パ・リーグには「身売り」という悲しい用語があって、これまでいくつもの球団が姿を消してきたんだ。日本ハムファイターズが日本ハムファイターズのまま生き残るんだったら、僕はどんなにつらくても耐える。「球団の犬」でも何でも他人は好きなことを言えばいい。

1 2