データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





後世に何を残すことができるか――。人生と同じですよ。【音楽と野球 土屋礼央さん インタビュー〈#2〉】

ミュージシャンに野球愛を語っていただく「音楽と野球」。2015年の締めくくりは、土屋礼央さんの登場。音楽活動の他にも、ラジオパーソナリティーやテレビ番組のMCを務めるなど幅広く活躍中だ。「自分が面白いと思うことは人に伝えたい」と話す彼の探究心や知識は、プロ野球はもちろん、サッカー、鉄道、Mac、資産運用、太陽光発電(!)にまで及び、そのすべてにおいてディープ! 今回は愛してやまない「埼玉西武ライオンズ」について喋り倒してくれた。

2015/12/27

text By

タグ: , , , ,



ピッチャーの柱は中継ぎだ!

――〈#1〉ではディープな礼央さんの記憶と、2015年の西武ライオンズ&投手陣についてお聞きしました。続いては打撃について。

 先発と打撃には、プライドがありますよ。2015年は栗山選手がもう少し打ってくれていれば、盤石でした。秋山―栗山―浅村―おかわり・・・。それで、森君がいて、メヒア選手よりもう少し確実性の高い外国人選手がいてくれたら(苦笑)。あと、ショート! 金子選手にはもっと成長してもらいたい。だけど打撃においては贅沢な注文ですね。ライオンズは基本的に愛していた選手が去っていくという歴史を繰り返していて、でも、どこの球団よりも生え抜きが次から次へと出てくるんです。それを20年以上続けているっていうのは、すごい話じゃないですか。

――個人的にも「2番・栗山」は怖いなと思っていました。そして、森選手の名前があがりましたね。炭谷選手の残留も決まりました。と、なると森選手はこのままDHですか?

 捕手の配球に関することは、素人の僕にはまったく分かりません。でも評論家の方が「炭谷選手のリードはヒット2本分に値する」と評価されていたし、ノムさんも「彼のリードはすばらしい」とおっしゃっていました。ということは、炭谷選手はすごいんだろうなと。果たしてそこに森君が入っていけるのか・・・。まだ難しいのかなぁ。

――でも礼央さんは「キャッチャー・森」を推されていましたよね?

 はい。あのですね、炭谷選手のところで打線が止まってしまうという現状がありまして・・・。でも、たまに打つから悩ましい(笑)。2015年も終盤はめちゃめちゃ打っていましたからね。キャッチャーを育てるという意味では、ピッチャーによっては森君がマスクを被ることがあってもいいんじゃないかという思いがあるのは確かです。その一方で、炭谷選手が残ってくれたのは有難いけど、「いなくなった。さてどうする?」という状況を見てみたかった気持ちもあります。

――悩ましいですね(笑)。

 キャッチャーをすることで森君の打撃が小さくまとまってしまうのも困りますからね。森君の打撃には夢があるので。

スポンサードリンク

1 2