データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



サファテ、ジョンソン、マイコラス……投手が大活躍、2015年外国人選手通信簿【広尾晃の「ネタになる記録ばなし」】

ブログ「野球の記録で話したい」を運営中で『プロ野球解説者を解説する』(イーストプレス刊)の著者でもある広尾晃氏。当WEBサイトでは、MLBとNPBの記録をテーマに、週2回、野球ファンがいつもと違う視点で野球を楽しめるコラムを提供していく。今回は2015年の外国人選手の成績をまとめてみた。

2015/10/16

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



ソフトバンクの外国人投手の優秀さ

 投手はどうだろうか。
 かつて外国人投手は、日本人投手よりも“球速は速くて制球は悪い”イメージがあった。またどちらかといえば外国人選手の獲得は野手が中心だった。これも変化しつつある。

 外国人投手ランキングだ。PRは、選手の防御率とリーグ平均防御率の差異を出し、イニング数でかけたもの。防御率がリーグ平均より低く、長いイニングを投げた投手の数字が大きくなる。

 パリーグだ。

hiroo1016-4

 PRでは不利なはずの救援投手のサファテが1位。防御率1.11はすごい数字だ。続いてオリックスの先発投手ディクソン、ソフトバンクの先発投手バンデンハーグ。
 こうしてみると、PRがプラスの投手が多い。つまりリーグ平均よりも自責点が少ない投手が多いのだ。外国人投手はかなり優秀だということが言える。

巨人、ヤクルトは外国人投手がチームの大きな戦力に

 セリーグはどうだろうか。

hiroo1016-5

 広島の投手陣を支え、防御率のタイトルを取ったジョンソンが1位、続いてこれも巨人の先発陣をリードしたマイコラス、さらにヤクルト優勝の大きな要因となった救援投手であるバーネット、オンドルセク、ロマンがならぶ。こちらもPRがマイナスの選手は少ない。

1 2 3



  • 記者募集