データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



2021シーズンMVPが発表 セ・リーグはヤクルト・村上宗隆、パ・リーグはオリックス・山本由伸がともに初受賞【2021年度プロ野球最優秀選手】

2021/12/15

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 「NPB AWARDS 2021 suppoted by リポビタンD」が15日に行われ、2021年シーズンの最優秀選手(シーズンMVP)受賞選手が発表。セントラル・リーグは東京ヤクルトスワローズの村上宗隆内野手、パシフィック・リーグはオリックス・バファローズの山本由伸投手が選出された。
 

 
 高卒4年目の村上は、今季も不動の4番打者として打線を牽引。全143試合に出場し、打率.278、139安打、39本塁打、112打点、12盗塁、出塁率.408をマーク。わずか1差で最多打点のタイトルは逃したが、岡本和真内野手(読売ジャイアンツ)と同数で最多本塁打に輝き、日本一の原動力となった。また、今夏開催の東京五輪では「侍ジャパン」の正三塁手を担い、世界一に大きく貢献した。

 高卒5年目を迎えた山本は、今季も球界を代表する投手として君臨。26試合(193回2/3)を投げ、18勝5敗、勝率.783、206奪三振、防御率1.39と圧倒的な成績を残し、投手4冠(最優秀防御率、最多勝、最高勝率、最多奪三振)、さらには満場一致での沢村栄治賞、ゴールデン・グラブ賞、ベストナインにも輝くなど投手タイトルを総なめ。リーグ優勝の立役者となった。また、今夏行われた東京五輪でも「侍ジャパン」のエースとして右投手部門のべストナインに選出され、チームを世界一へと牽引した。
 
【NPB】MVP、新人王、ベストナイン、ゴールデングラブ賞…2021年度プロ野球個人タイトル・表彰選手一覧






  • 記者募集