データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



DeNAのチームスタッフとして夢のつづきを。来日17年、余聖傑の想い

現在、デスク兼打撃投手としてチームを支える余聖傑(ヨ・スンチェ)さん。16歳で台湾から来日。残念ながらプロ野球選手になるという夢はかなわなかったが、プロの球団で野球に携わる仕事ができる喜びを胸に日々奮闘している。

2021/12/14

text By

photo

(C)YDB

タグ: , , ,



16歳で福岡第一高校へ留学

 台湾を遠く離れ、誓った想い。だが、いくら努力を重ねても目標だったプロ野球選手にはなれなかった……。
 
 現在、横浜DeNAベイスターズで裏方として選手たちのサポートをしている余聖傑(ヨ・スンチェ)さんは、それでも晴れやかな表情で言うのだ。
 
「選手としての夢を叶えることはできませんでしたが、それでもDeNAというプロ野球の球団に入り、野球に携わる仕事ができています。本当、僕にとっては夢のような話で、きっと野球の神様がこれまでの自分を見ていてくれたからこそ実現したことだと思います」
 
 2020年オフにDeNAに入団したスンチェさんは台湾出身。初年度となった今季はチームとメディアを繋ぐ“チーム付き広報”として働き、そしてサウスポーの打撃投手としてシーズン中は、選手たちに毎日生きたボールを投げ込んできた。日本語、北京語、英語を操り、また謙虚で人柄がいいことから、選手やチームスタッフからは親しみを込め「スンチェ」と呼ばれ、すっかりチームに溶け込んでいる。
 
「DeNAは本当にいいチームですし、まわりの方々も優しいし良くしてくれます。僕自身、至らない点はまだまだあるのですが、本当に感謝しかありません」
 
 1988年生まれのスンチェさんが野球をするために来日したのは、福岡第一高校に入学したとき。通っていた台湾の学校が福岡第一と姉妹校で、それが縁となって16歳で故郷を離れることになった。
 
 じつは小学生のとき野球の試合で来日したことがあり、そのころから日本には好印象を持っていた。ただ福岡第一への留学に際し、最初は本人も両親もためらったという。まだ中学生であったことを考えれば仕方がないことだ。ただ、学校関係者がスンチェさんの能力を買ってくれて熱心に何度も声をかけられたこともあり、これはチャンスだと気づき覚悟を決めた。
 
 スンチェさんは同学年の二人と一緒に福岡に降り立った。当然、野球部に入部するわけだが、同校の2学年上には地元が同じ台東県出身の陽岱鋼がいた。超高校級の内野手として日本全国に名を馳せていたドラフト注目の選手であり、その後プロとして活躍するのはご存じのとおり。

1 2





  • 記者募集