データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】第5戦は土壇場オリックスが雪辱! 代打ジョーンズが決勝弾、頂上決戦の舞台は神戸へ【日本シリーズ2021】

2021/11/25

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<SMBC日本シリーズ2021第5戦 ○オリックス 6-5 ヤクルト●>(25日、東京ドーム)
 

 
 東京ヤクルトスワローズとオリックス・バファローズによる「SMBC日本シリーズ2021」第5戦(4戦先勝)が25日、ヤクルトの主催球場となる東京ドームで行われ、大熱戦の末にオリックスが6-5で勝利。日本一に望みを繋げた。
 
 目まぐるしく展開の変わる壮絶なゲームとなった。
 
 日本一に王手をかけているヤクルトは原樹理、後がないオリックスは山崎福也が先発マウンド。初回の攻防は、原が内野ゴロ3つで終えると、一方の山崎福も、ピンチを背負ったものの無失点で立ち上がった。
 
 試合が動いたのは2回、ヤクルトは5番ドミンゴ・サンタナの四球、6番・中村悠平の安打にサンタナの好走塁もあって一、三塁のチャンス。続く7番ホセ・オスナの併殺打の間に三塁走者が生還し、1点を先制した。
 
 中盤4回、1点ビハインドのオリックスも反撃を見せる。1番・福田周平の安打、盗塁失敗で一度はチャンスを逸したが、2死から3番・吉田正尚がライト線を破る二塁打。続く杉本裕太郎はセンター前へ運ぶと、二塁走者・吉田正が一気に本塁へ。クロスプレの末に生還し、同点に追いついた。
 
 対するヤクルトはその裏、先頭は4番・村上宗隆。村上は左腕の甘く入った速球を弾き返すと、打球はそのまま左中間スタンドへ。頼れる主砲のシリーズ2本目の本塁打ですぐさま勝ち越した。
 
 追い込まれているオリックスは6回、2死から3番・吉田正が一失、4番・杉本裕の左安でチャンスを拡大。5番・Tー岡田は、代わった田口麗斗から一、二塁間を破る適時打を放ち、再び試合を振り出しに。
 
 続く7回、この回からマウンドのヤクルト・石山泰稚に対し、先頭の6番・紅林弘太郎が左安でチャンスメイク。伏見寅威が犠打で送ると、8番・太田椋がスタメン抜擢に応え、右中間を破るタイムリースリーベース。この試合初めてリードを奪うと、代打スティーブン・モヤに適時打、8回には7番・伏見にも適時二塁打が飛び出し、ゲームの流れを引き寄せた。
 
 しかし、ヤクルトもこのままでは終わらない。3点ビハインドとなった8回、この回からマウンドのタイラー・ヒギンスに対し、塩見泰隆、青木宣親の連続四球で一、二塁とすると、打席には3番・山田哲人。山田は甘く入った変化球を完璧に捉え、レフトスタンド上段への同点3ラン。値千金の一発で同点に追いついた。
 
 追いつかれたオリックスだったが、直後の9回、ヤクルト守護神スコット・マクガフに対し、先頭は代打アダム・ジョーンズ。ジョーンズは甘く入った速球をレフトスタンドへ運び再逆転。その裏をクローザーの平野佳寿が締めて軍配を上げた。この結果、1日の休養日を挟んで決戦の舞台を神戸へ移すこととなった。
 
【結果速報】プロ野球日本シリーズ2021 ヤクルト対オリックス 試合結果・スコア一覧
【放送予定】日本シリーズ2021 ヤクルト対オリックス 日時・視聴方法・放送局は?






  • 記者募集