データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】ヤクルト、第3戦は逆転勝利! 中村悠平の2点適時打、サンタナの決勝2ランで連勝【日本シリーズ2021】

2021/11/23

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<SMBC日本シリーズ2021第3戦 ●オリックス 4-5 ヤクルト○>(23日、東京ドーム)
 

 
 東京ヤクルトスワローズとオリックス・バファローズによる「SMBC日本シリーズ2021」第3戦(4戦先勝)が23日、ヤクルトの主催球場となる東京ドームで行われ、ヤクルトが5-4でシーソーゲームを制し、対戦成績を2勝1敗とした。
 
 日本一に向けて重要な意味を持つ一戦は、ヤクルト・小川泰弘、オリックス・田嶋大樹の両先発で試合開始。小川はベテランらしく落ち着いたマウンド捌きを見せ、初回を三者凡退。対する田嶋も味方に2つの好守が飛び出し、同じく3人で断った。
 
 ヤクルトは2回、2死満塁のチャンスを迎えたが無得点。するとオリックスは直後の3回、安打と四球、相手のミスも絡んで1死満塁とすると、2番・宗佑磨が一、二塁間を破るタイムリーヒットを放ち、先制に成功した。
 
 1点ビハインドのヤクルトは5回、オリックス先発・田嶋大樹に対し、1死から2番・青木宣親が安打で出塁。ここでオリックスベンチが動き、小刻みな継投策へ。3番手セサル・バルガスから2四球を選んで2死満塁とすると、6番・中村悠平の2点タイムリーに相手のミスが重なり、一挙3得点で試合をひっくり返した。
 
 逆転を許したオリックスだったが、直後の6回、先頭の3番・吉田正尚が左中間を破る二塁打でチャンスメイクを見せると、4番・杉本裕太郎がライトスタンドへ完璧な一発を放ち同点。さらに7回にヤクルトの継投策につけこみ、1死一、二塁から3番・吉田正のレフトへの技ありタイムリーツーベースで勝ち越しに成功した。
 
 しかしヤクルトはその裏、オリックス・吉田凌に対し、先頭の2番・青木が安打でチャンスメイク。山田哲人、村上宗隆の3、4番が打ち取られ2死となったが、シリーズ無安打と苦しんでいた5番ドミンゴ・サンタナがライトスタンドへ値千金の逆転2ランを放ち、再びリードを奪った。
 
 1点差のまま迎えた9回、ヤクルトは回跨ぎの好投を見せた石山泰稚に代え、守護神スコット・マクガフがマウンドへ。第1戦では敗戦投手となったマクガフはこの日もピンチを迎えたが、なんとか1点差を守りきった。
 
【結果速報】プロ野球日本シリーズ2021 ヤクルト対オリックス 試合結果・スコア一覧
【放送予定】日本シリーズ2021 ヤクルト対オリックス 日時・視聴方法・放送局は?






  • 記者募集