データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】第2戦はヤクルトが雪辱! 先発・高橋奎二が完封勝利、青木宣親が決勝打【日本シリーズ2021】

2021/11/21

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<SMBC日本シリーズ2021第2戦 ○ヤクルト 2-0 オリックス●>(21日、京セラドーム大阪)
 

 
 オリックス・バファローズと東京ヤクルトスワローズによる「SMBC日本シリーズ2021」第2戦(4戦先勝)が21日、オリックスの本拠地・京セラドーム大阪で行われ、ヤクルトが2-0で零封勝ちを収め、1勝1敗のタイとした。
 
 オリックス先発・宮城大弥、ヤクルト先発・高橋奎二の若手左腕対決で試合開始。ポストシーズン初登板となった宮城だったが、三者凡退の立ち上がり。高橋は1死から安打を打たれたが、牽制死を誘うなど落ち着いたマウンド捌きで無失点とした。
 
 その後も宮城は抜群の安定感を見せ、パーフェクトピッチングを継続。一方の高橋は、毎回走者を背負うも先制を許さず。第1戦に続いてスコアレスの展開で前半5回を終えた。
 
 宮城に完璧に抑え込まれていたヤクルトは6回、1死から8番・西浦直亨が二遊間を破るチーム初安打で出塁。9番・坂口智隆も左安で繋いで得点圏に走者を進めたが、先制点は奪えず。対するオリックスは、6、7回と3人で攻撃を終え、膠着状態が続いた。
 
 両チーム無得点のまま迎えた終盤8回、オリックスは先発・宮城大弥が続投。ヤクルトは1死から8番・西浦直亨が四球で出塁すると、1つアウトを重ねたが、1番・塩見泰隆の左安で一、二塁のチャンス。打席の2番・青木宣親が詰まりながらもセンターへ運んで貴重な先制点を奪った。
 
 ヤクルトは、さらに9回、3番手セサル・バルガスに対して1死から5番・ドミンゴ・サンタナが四球で出塁。中村悠平が犠打で送り、7番ホセ・オスナの右安の間に代走の元山飛優が一気に生還。勝利に向けて大きな追加点を奪った。
 
 無失点投球を続けるヤクルト先発・高橋は、9回もマウンドへ。クリーンアップと対峙する巡りを三者凡退で退け、圧巻の完封勝利を飾った。
 
【結果速報】プロ野球日本シリーズ2021 ヤクルト対オリックス 試合結果・スコア一覧






  • 記者募集