データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



楽天、育成の則本佳樹に戦力外通告 今季はファームで防御率4.05

2021/10/28

text By

タグ: , , , , , , , , , , , ,



 東北楽天ゴールデンイーグルスは28日、育成選手の則本佳樹投手に対し、2022シーズンの育成再契約を行わない旨を伝えたと発表した。
 

 
 則本佳は、北大津高、近畿大、山岸ロジスターズを経て、2018年育成選手ドラフト2位で楽天に入団。球団の中心選手である則本昂大投手の弟としても注目を集めた。育成3年目をむかえた今季は、ファームで9試合(13回1/3)を投げ、0勝1敗、防御率4.05の成績だった。

 楽天は26日に一挙8選手に対し戦力外通告を行い、うち3投手には育成契約の打診もしていると発表していた。ドラフトでも育成指名含む5投手と交渉権を得たこともあり、結果を残せなかった則本佳は、押し出される形となった。
 
【2021年版】東北楽天ゴールデンイーグルス 現役引退 戦力外通告 自由契約 退団選手一覧






  • 記者募集