データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プロ野球評論家・与田剛の眼】勝ち上がった阪神、日本ハムは初戦をとれるかが最大のポイント

クライマックス・シリーズ(CS)ファーストステージが終わり、セ・リーグは阪神が1勝1分で広島を破り、パ・リーグは日本ハムがオリックスを2勝1敗で下して、ファイナルステージ進出を果たした。1点を争う好勝負が続いたが、勝敗を分けたものは何だったのか。そして、セ・パともに今日からクライマックス・シリーズ(CS)ファイナルステージが開幕する。1勝のアドバンテージがある以上、その時点でリーグ優勝チームが優位であるには変わらない。プロ野球評論家の与田剛氏にファーストステージの総括と、勝ち上がったチームがどう王者へ挑むべきか――ファイナルステージの行方を占ってもらった。

2014/10/15

text By

タグ: , , , , , , ,



気がかりな打線の調子。巨人の投手陣を打ち崩せるか?

 一方で、巨人と対戦するにあたって不安を残したのが打線です。2試合で1点は少し寂しいですね。ファーストステージと違い、ファイナルステージはとにかく勝たないといけないですから、いかに点を取るかがポイントになってきます。

 そこで注目したいのが、西岡剛、上本博紀の1、2番です。広島との試合では、第1戦で上本が3安打、第2戦では西岡が3安打と調子はいい。

 ただ、コンビとして見た場合、もっといろんな攻撃を仕掛けてもいいのかなと思います。

 バントで送るだけではなく、盗塁をしてから送るとか、エンドランをするとか、とにかく巨人バッテリーを揺さぶりたいですよね。
 彼らが塁上でプレッシャーをかけることができれば、中軸に対する攻めも変わってくると思います。足を警戒すれば、ストレート中心の配球になるだろうし、アウトコースの球も増える。チームとして巨人投手陣に向かっていく必要があるような気がします。

 ファイナルステージは阪神打線VS巨人守備力の戦いになるような気がします。巨人はエース・菅野智之が戦線離脱。彼のいない穴を内海哲也、杉内俊哉、澤村拓一、小山雄輝らで補っていかなければいけないわけですが、ある程度の失点は覚悟しなければならないと思うんです。ただ、守備力によって4点を3点、3点を2点にすることは可能です。原辰徳監督も、守備というのを意識した戦いをしてくると思います。

 初のCSファイナル進出で阪神に勢いがあるのは確かですが、とにかく大事なのは初戦。巨人に1勝のアドバンテージがありますから、阪神としてはまずタイに持ち込みたい。初戦を取ることができれば、阪神にも十分チャンスがあると思います。

1 2 3 4



  • 記者募集