データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12】侍ジャパン初V 稲葉篤紀監督が信じ抜いた逆転勝利「選手のおかげ」 東京五輪との“世界連覇”誓う

2019/11/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



「日の丸を付けて野球界のために、とにかく世界一になりたいという思いが非常に強かった」

<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 決勝戦 日本 5-3 韓国>(17日、日本:東京ドーム)
 
「第2回WBSCプレミア12」は17日に最終日を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」が決勝戦で韓国を破り同大会初優勝。2009年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2連覇を達成して以来、国際大会10年ぶりの世界一に輝いた。
 
 侍ジャパンは初回に3点を先制されるも、直後に鈴木誠也の適時打で反撃。さらに続く2回に1番・山田哲人が左翼スタンドへ逆転3ラン本塁打を放って試合をひっくり返した。その後は6人による継投、浅村栄斗の適時打で追加点を挙げ勝利をもぎ取った。
 
 試合後、稲葉篤紀監督は「日の丸を付けて野球界のために、とにかく世界一になりたいという思いが非常に強かった。何とか勝たせてあげたいと、そんな一心で選手がよく頑張ってくれた」と選手たちの奮闘を称えた。
 
 宿敵韓国を逆転で破っての勝利だが、勝因を聞かれると「選手が諦めないいう気持ちでやっていた。必ず逆転できると信じていた」とコメント。改めて「選手のおかげ」と満面の笑顔で喜びをかみしめた。
 
 また、来年の東京五輪に向けては「また世界一が獲れるように、しっかり良い準備をしてやっていく」と、プレミア12に続く“世界タイトル連覇”をファンに誓った。
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部




  • 記者募集