データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本代表・侍ジャパン、カナダ代表に勝利! 相手ミス逃さず5得点、先発奥川は7回18奪三振の快投披露 【U-18野球W杯】

2019/09/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



花咲徳栄・韮澤が勝ち越しV打!

<U-18野球ワールドカップ スーパーラウンド ○日本代表5 ―1カナダ代表●>(5日、韓国:ドリーム・ボールパーク)
 
 「第29回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」は5日に7日目を迎え、日本代表「侍ジャパン」はスーパーラウンド初戦でカナダ代表と対戦。先制を許しながらも逆転し、白星スタートを切った。
 
 侍ジャパンは奥川恭伸(星稜・3年)が先発登板し、2回終了までアウト全てを三振で奪う快投を披露。試合は0-0の均衡が続くが、4回にカナダ代表の4番・ディオダディに先制のソロ本塁打を浴びて1点を追いかける展開になる。
 
 しかし5回裏、侍ジャパンは先頭の山瀬慎之助(星稜・3年)が四球で出塁すると、暴投で二塁へ進塁。続く森敬斗(桐蔭学園・3年)も四球で無死一塁、二塁のチャンスを作る。カナダはここで先発のミラスに代わって2番手オトールがマウンドに上がる。
 
 得点圏で打席が回った武岡龍世(八戸学院光星・3年)はバントをし、走者を進めようとするが、代わったばかりのオトールが三塁手へ悪送球。この間に1-1の同点となる。なおも無死二塁、三塁の場面で韮澤雄也(花咲徳栄・3年)が中堅へ勝ち越しの適時打を放って2-1となり、逆転に成功した。
 
 味方打線の援護を受けた奥川は6回、先頭のハミルを見逃し三振に斬って取ると、続く1番のマクドウェル、2番のブラウンを空振り三振に抑えて3アウト。7回も3番・シェフィールドから始まるクリーンアップを2奪三振含む三者凡退と完璧に封じる。
 
 7回裏には2死二塁、三塁の得点機を迎えると、遊撃手ゴムがエラー。その間に走者2人が生還して侍ジャパンは2点を追加すると、その後も満塁となってから押し出しで1点を追加し、5-1となる。
 
 8回からは2番手として飯塚脩人(習志野・3年)が登板。飯塚はカナダ打線に安打を許さず5-1のまま試合は終了。相手のミスを逃さなかった打線と奥川の快投が光り、侍ジャパンはスーパーラウンド第1戦で幸先の良い白星スタートを切った。