データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【速報・8回】4番から始まる攻撃も三凡。この回から登板の藤浪はクリーンナップを3人で抑える<侍ジャパン壮行試合>

2017/03/01

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 8回表、先頭打者の4番・筒香はこの回からマウンドに上がっている左腕のダウンズの変化球に上手く合わせるも、遊ゴロに倒れる。続く5番・中田も三ゴロに抑えられ、6番・内川はフルカウントから左飛。中軸から始まった攻撃だが、三者凡退に終わった。
  
 その裏の守備、侍ジャパンのマウンドには藤浪晋太郎が登場。捕手も大野に交代した。
 
 先頭打者の3番・ワン・ブォロンを四球で歩かせるが、続く4番・チェン・ジュンシウをきっちり三ゴロ併殺打に打ち取り、5番・ジョウ・スーチーも初球を一ゴロに抑え、テンポよく3人で台湾のクリーンナップを打ち取った。
 
台 1-9 日
 
菅野 58球
石川 59球
藤浪 8球
 
ジョン・カイウェン 22球
アディトン・ニコラス 40球
リン・イーハオ 26球
ジョン・イーホン 30球
ダリン・ダウンズ 17球
 
本塁打

日 山田(1回ソロ)
 
バッテリー
ジョン・カイウェン、アディトン・ニコラス-リュー・シーハオ、ガオ・ジーカン
菅野、石川、藤浪-小林、大野

スポンサードリンク