データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報・5回】牧田が再び失点許し、5点を追う厳しい展開に<侍ジャパン壮行試合>

2017/02/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



スコア
 5回裏終了 侍ジャパン 2-7 CPBL選抜チャイニーズ・タイペイ
 
 5回表は、侍ジャパンの誇るサブマリン・牧田和久投手が台湾打線に捕まった。
 
 2番リン・ジーピンに右前打、3番ワン・ブォロンに連打を許し、無死1・3塁のピンチを作る。4番ポン・ジョンミンを空振り三振に仕留めるも、5番リン・ホンユーの遊ゴロの間に1点を失う。6番パン・ウーションには四球を与え、7番チェン・ジェンシウの二塁打の間に2点を追加された。チェンは3塁を狙うも走塁死となり、3アウトとなったが、この回CPBL選抜は3点を加えた。
 
 反撃を見せたい侍打線だったが、2番菊池は左直、3番坂本は変化球にかタイミングが合わず空振り三振、4番筒香が高めのストレートで空振り三振に倒れ、三者凡退に終わった。
 
侍 則本 54球
  牧田 36球
台 ワン・イージョン 32球
  ザック・セゴビア 46球
 
本塁打 

台 ワン・ブォロン(3回表ツーラン)
 
バッテリー
則本、牧田-大野
ワン・イージョン、ザック・セゴビア-リン・ホンユー