データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、オールスター戦初の“二刀流”で使用用具が殿堂入り! 海外メディア「今年の彼は全ての人に感動を与えずにはいられない」【海外の反応】

2021/07/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、MLBオールスターゲーム2021で「1番・指名打者(DH)」兼先発投手として投打二刀流出場。この試合で着用したスパイクなどが米国野球殿堂博物館に寄贈されたと、スペインメディア『グランデス・エン・ロス・デポルト』が報じている。
 

 
 大谷はオールスターゲーム史上初の二刀流出場を果たし、打っては2打数無安打だったが、投げては1回無失点の好投を披露した。最終的にア・リーグが5-2でナ・リーグを破り、先発した大谷が勝利投手になっている。

 同メディアによると、大谷がオールスターゲーム史上初の二刀流選手になったことで、試合時に着用していたスパイク、グラブ、フットガードがニューヨーク州クーパーズタウンにある米国野球殿堂博物館に寄贈されたという。これに際して同メディアは「2021年、センセーショナルな大谷翔平は殿堂入りを含め、全ての人に感動を与えずにはいられない」と伝えている。






  • 記者募集