データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、初出場のオールスター戦で勝利投手に「絶対またここに戻ってきたい」

2021/07/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、MLBオールスターゲーム2021で「1番・指名打者(DH)」兼先発投手として二刀流出場を果たした。試合後にMLBオールスターゲーム2021の感想について述べている。米公式サイト『MLB.com』が報じた。
 

 
 打者・大谷は第1打席でナ・リーグ先発のマックス・シャーザー投手(ワシントン・ナショナルズ)と対峙し、二ゴロに打ち取られた。その裏、先発マウンドに上がった投手・大谷は初回、先頭のフェルナンド・タティスJr内野手(サンディエゴ・パドレス)と対戦し、変化球を組み入れて5球目で左飛に仕留めた。

 さらに2番マックス・マンシー内野手(ロサンゼルス・ドジャース)を二ゴロ、3番ノーラン・アレナド(セントルイス・カージナルス)を遊ゴロに打ち取り、三者凡退の1回無失点に抑え込んだ。最終的にア・リーグが5-2でナ・リーグを破り、先発した大谷が勝利投手になった。
 
 同メディアによると、大谷は試合を振り返り「緊張よりも楽しさが勝っていた。絶対、またここに戻ってきたいですね。全てが本当に楽しかったです。この3日間の経験は間違いなく素晴らしいものでした。これまでのところ、この経験が最も記憶に残っていると思います。もちろん、ポストシーズンやワールドシリーズにはまだ出場していませんし、それはこれを上回るでしょうが、今のところ、これが最も記憶に残っています」と語った。






  • 記者募集