データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、再延長激戦の末に本塁打競争1回戦敗退。米記者が反応「驚異的なバトルを繰り広げた」【海外の反応】

2021/07/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、オールスター戦の前日に行われるホームランダービーに日本人選手として初めて出場。1回戦敗退となったものの、痺れる激戦を演じた大谷に対して米メディア『ジ・アスレチック』のブレント・マグワイア記者は「驚異的なバトルを繰り広げた」と反応している。
 

 
 大谷は1回戦でワシントン・ナショナルズのフアン・ソト外野手と対戦。序盤は打球がなかなか上がらなかったものの後半に巻き返し22対22で並んだ。1分間の延長戦では両者6本ずつ上乗せして28対28で2度目の延長戦へ。そして、最終的に31対28でソトが2回戦進出を果たしている。

 この結果を受けて、マグワイア記者は「大谷翔平とフアン・ソトが驚異的なバトルを繰り広げ、ソトは次に進んだ。そして、大谷は明日のオールスターチームの先発投手と指名打者を務める」と、自身のツイッターを通じて反応している。13日(同14日)に行われるオールスター戦で、大谷は史上初めて二刀流出場を果たす予定だ。






  • 記者募集