データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、シーズン前半で日本人最多32号!マドン監督が称賛「彼はスペシャルな野球選手」

2021/07/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地ボストン・レッドソックス戦で「2番・指名打者(DH)」としてスタメン出場を果たし、第32号ソロ本塁打を放った。ジョー・マドン監督が大谷の活躍を称えたと、米公式サイト『MLB.com』が報じている。
 

 
 初回の第1打席で大谷はレッドソックスのエドゥアルド・ロドリゲス投手と対峙し左前打を放つ。2回の第2打席は空振り三振だったが、5回の第3打席ではカウント2-2から左腕ロドリゲスの投球を捉えて快音を響かせた。右翼席に飛び込む特大アーチとなり、松井秀喜(ニューヨーク・ヤンキース)が2004年にマークした日本人のシーズン最多本塁打記録を更新している。

 同メディアによると、マドン監督は「我々は、スペシャルな野球選手について話している。シーズン後半で彼が何を成し遂げるのか、とても興味がある」と語り、大谷の活躍を称賛したという。続けて「彼がこれほど多くの本塁打を放っているのは、ストライクゾーンを見極める能力があるからだ。それに加えてパワーがある。後ろにはマイク(トラウト)も控えているし、彼らが復帰して元通りになれば、プロテクションが増すだろう」とし、トラウトなどの怪我人が戻って来れば、警戒感が分散して大谷の更なる活躍も期待できるとの見解を示した。






  • 記者募集