データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、バースデー弾ならずも米メディアは称賛「100年に一度の選手」「ベーブ・ルースとの比較では不十分」【海外の反応】

2021/07/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地ボストン・レッドソックス戦で「2番・指名打者(DH)」として先発出場。バースデー弾ならずも米メディア『スポーツ・イラストレイテッド』は「100年に一度の選手」と、大谷を評価している。
 

 
 大谷は初回の第1打席でレッドソックスのマーティン・ペレス投手と対峙し、フルカウントから内角低めにチェンジアップを決められ空振り三振を喫した。3回の第2打席では、バットが真っ二つに折れ、ボールの勢いが失われたことで遊ゴロに倒れた。

 5回の第3打席は、ペレスがカウント0-2から投じた内角の球を左前へ運んだ。その間に二塁走者が本塁をついて一度はセーフになるも、チャレンジで判定が覆されてアウトになりバースデータイムリーならず。7回の第4打席は左飛に倒れ、9回の第5打席は二ゴロ。この日の大谷は5打数1安打、打率.277の成績で終えた。
 
 大谷の27歳の誕生日にホームランは出なかったが、同メディアは「誕生日おめでとう、大谷翔平。大谷は、私たちが畏敬の念を抱き、刺激を受け、気を紛らわせる必要がある年に、100年に一度の選手だ。トム・ベルドゥッチ記者は、彼をベーブ・ルースと比較することは、もはや十分ではないと書いている」と綴り、大谷がベーブを超える存在になりつつあるとの見解を示している。






  • 記者募集