データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、初回7失点の大乱調。MLB公式は制球を指摘「コントロールの問題が明らかに」【海外の反応】

2021/07/01

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は6月30日(日本時間7月1日)、本拠地ニューヨーク・ヤンキース戦で投打同時出場を果たした。しかし、5四死球を出すなど大乱調で制球に苦しみ初回に7失点して降板した。米公式サイト『MLB.com』は「コントロールの問題はすぐに明らかになった」と指摘している。
 

 
 メジャーで初となる「1番・投手」で出場し、ヤンキースタジアムでの初登板となったが、エンゼルスが2点リードした初回から3者連続四球で無死満塁のピンチを招いた。ジャンカルロ・スタントン外野手とグレイバー・トーレス内野手に連続適時打で同点にされると、1死後にはミゲル・アンドゥハー外野手の三ゴロの間に逆転を許してしまう。立て続けに失点を喫し、この回だけで計7失点。わずか2/3回を7失点でKOされ、大谷はベンチに退いている。

 同メディアは大谷について「ヤンキースタジアムでの初先発となった大谷翔平選手には、大きな期待が寄せられていた。だが、苦戦を強いられ、わずか2アウトしか取れずに初回で降板した」と伝え、「大谷選手のコントロールの問題はすぐに明らかになり、最初の3人の打者に四球を与えてしまった」と、乱れた制球を指摘している。






  • 記者募集