データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、初回7失点で無念の降板。米記者が反応「あれは災難だった」【海外の反応】

2021/07/01

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は6月30日(日本時間7月1日)、本拠地ニューヨーク・ヤンキース戦で「1番・投手」として投打同時出場したが、初回に7失点でKOされ無念の降板。この惨劇に対し、米紙『オレンジカウンティ・レジスター』のジェフ・フレッシャー記者などが反応している。
 

 
 投手・大谷はエンゼルスが2点リードした初回、3者連続四球で無死満塁のピンチを招く。そして、ジャンカルロ・スタントン外野手とグレイバー・トーレス内野手に連続適時打で同点とされ、1死後にはミゲル・アンドゥハー外野手の三ゴロの間に逆転を許した。5四死球などで立て続けに失点を喫し、この回だけで計7失点。わずか2/3回でKOされ、ベンチに退いている。

 この惨劇に対し、フレッシャー記者は自身のツイッターを通じて「あれは災難だった」と反応。また、米メディア『ジ・アスレチック』に寄稿するニック・ステッリーニ記者は「大谷の炎上に雨天中断?この試合には、いろいろなことが詰まっている」と綴っている。






  • 記者募集