データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平が27、28号の2打席連発! 米記者が驚愕「非現実的」「全ては彼の功績。素晴らしい」【海外の反応】

2021/06/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地ニューヨーク・ヤンキース戦で「2番・指名打者(DH)」として先発出場。この試合で第27号と第28号の本塁打が飛び出した。この二発に、複数の米記者が反応している。
 

 
 大谷は初回の第1打席でヤンキースのジャーメソン・タイロン投手と対戦。この回は右飛に倒れたが、3回の第2打席で、タイロンが3ボール1ストライクから投じた5球目の88.2マイル(約142キロ)のチェンジアップを捉え、右翼席に飛び込む第27号ソロホームランを放った。この結果、ブラディミール・ゲレーロJr.内野手(トロント・ブルージェイズ)を抜いて、メジャー本塁打ランキングの単独トップに立っている。

 さらに5回には、1ボール2ストライクからタイロンが投じた5球目の94.7マイル(約152キロ)のフォーシームを完璧に弾き返し、右翼席に飛び込む第28号2ランホームランで2打席連続の本塁打をマーク。
 
 大谷の大車輪の活躍に対し、米紙『デイリー・オレンジ』のビリー・ヘイエン記者は「大谷翔平が今夜2本の本塁打を放ち、リーグの本塁打ランキングでリードしている?そして彼はエースなのか?非現実的」と反応。また、米メディア『スポーツマップ・ラジオ』のアスマン氏は自身のツイッターに「全ては大谷翔平の功績だ。彼は素晴らしい」と、驚いた様子で綴っている。






  • 記者募集