データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、打球速度185キロ以上の5本塁打はメジャー最多! 米記者が驚愕「急速に“伝説化”しつつある成長の1ページ」【海外の反応】

2021/06/29

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地ニューヨーク・ヤンキース戦で「2番・指名打者(DH)」として先発出場。この試合で大谷が第26号本塁打を放ち、エンゼルスの勝利に貢献した。この活躍を受けて、米メディア『FANSIDED』や米紙『ジェイズ・ジャーナル』に寄稿するデビッド・サリトゥーロ記者が大谷の偉業を伝えている。
 

 
 大谷は初回の第1打席でヤンキースの先発右腕マイケル・キング投手と対峙し、6球目の80.3マイル(約129キロ)のカーブを捉えて第26号ソロ本塁打を放った。

3回の第2打席は、真ん中に入ってきたシンカーを捉えたものの中飛で凡退。5回の第3打席は空振り三振に倒れ、6回の第4打席は右腕チャド・グリーン投手に対し見三振、9回の第5打席は左腕ネスター・コーテズ投手に対し二ゴロに倒れた。この日の大谷は、5打数1安打1打点1本塁打の成績。打率.276、OPS1.031(出塁率.360+長打率.670)となっている。
 
 この結果を受けて、サリトゥーロ記者は「ベーブ・ルース以来、二刀流選手として急速に伝説化しつつある大谷の成長の一ページに過ぎない」と伝えた。また、米公式サイト『MLB.com』は「大谷翔平は毎日のように新たなマイルストーンを達成しているように見える。この二刀流のスーパースターは、月曜日にヤンキースタジアムでキャリア初のヒットを放った」と報じている。
 
 大谷の第26号本塁打は、打球速度117.2マイル(約189キロ)、飛距離416フィート(約127メートル)の本塁打自己最速記録であり、さらにはエンゼルス史上最速でもある。米メディア『CBCスポーツ』によれば、大谷は今季、打球速度115マイル(約185キロ)以上の本塁打を5本放っており、MLBの全選手の中で最多の本数だという。






  • 記者募集