データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、右腕に3打席連続三振喫しノーヒット エンゼルスは完封負けで連敗

2021/06/23

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地で行われたサンフランシスコ・ジャイアンツ戦に「2番・指名打者(DH)」でスタメン出場。1四球を選ぶも、3打席連続三振を喫するなど無安打に終わり、チームも零封で敗れた。
 

 
 大谷は、先発右腕アンソニー・デスクラファニー投手と3打席対戦。初回の第1打席は四球を選んだが、3回の第2打席、5回の第3打席は空三振に倒れた。

 その後、右腕ドミニク・レオン投手と対峙した8回の第4打席も空三振に終わり、3打席連続三振を喫した。
 
 この日の大谷は、3打数無安打1四球の成績。打率.269、OPS.996(出塁率.355+長打率.640)となっている。
 
 エンゼルスは、初回にいきなり4点を失い、終盤まで5点ビハインドと劣勢の展開。意地を見せたい打線だったが、先発デスクラファニーを筆頭にジャイアンツ投手陣を打ち崩せず、5-0で敗戦。2連敗となった。
 
 なお、大谷は、次戦の23日(同24日)ジャイアンツ戦で先発登板予定。今季8度目の“リアル二刀流”にも期待がかかる。






  • 記者募集